忍者ブログ

ギリシャの猫☆The Greek Cats☆Οι Ελληνόγατες

ギリシャのエーゲ海や遺跡に住む猫たちの猫魔術の時間     

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
9月だけどまだ灼熱。ケファロニア島フィスカルドの赤猫さん登場。

この島はヨーロッパ各地からやってくるバケーション客が多いよ。


ボクは外国語を聞き分けられる。イタリア人とイギリス人が多い。


高齢者のカップルが多し。年をとっても仲睦まじいのはいい感じ。
 
 
 
にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
PR
シャロン・シバちゃんは老女猫。シバちゃんは飼猫もやってる。

シバちゃんの寝ているところはアクロポリス北城壁下の林の中。


名前を呼んでも、ゴハンだよと言っても、この調子。


なんかもうお腹がすいたら帰るところがあるので暢気なのだ。
 
シャロン・シバちゃんが困ったときに思い出す家がある。
昔はお世話になっていたのだが、その後はウロウロしだして、
すっかり遊び癖がついて年を取ってしまった。
でも雨が降ったり、お腹がすいたりしたら、旧宅に戻って、
旧飼主に何とかしてくれと頼むようだ。
にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
ワタシは外飼猫の白玉・飼主がバケーションで留守なの。

ゴハンは秘密の場所にシコタマおいてあるんだけど、


寂しいからお友だちの野良猫さんたちと食べてたいわ。


飼主があがぴょんさんにきれいな水をもらうように言われた。
 
アクロポリスの北城壁下のテオリアス通りには二つの猫チームがあって、
一つはクレプシドラ通りと上がったところ、
もう一つはパノス通りをあがったところ。
どちらにも行き来する猫はいるが、やっぱり基本的に自宅として、
多く時間を過ごす場所は決まっている。
白玉ちゃんの双子の兄はパノス通りを上がったところにいる。
祖母猫シロコは最近はクレプシドラ周辺に落ち着いている。
祖母猫は野良だけど、白玉ちゃんは飼猫である。
にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
アクロポリスの敷地内にママ・ビターレの産んだ仔猫がいた。

ママ・ビターレは赤白猫を2匹、三毛猫を1匹を産んだ。


仔猫たちは怖がりで、アテネ歴史博物館の庭で暮らしている。


赤白猫は雌雄がわからないので生をつけてはいない。
だ。 
にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
ワタシはマリリン。ママ・ビターレの双子の姉妹なの。

ワタシの方がちょっと白身が増量という感じだと思う。


ワタシはママ・ビターレと違って用心深いから遠くへ行かない。
 
ママ・ビターレとマリリンはたいていはアテネ歴史博物館の後ろあたりをウロウロしている。そして自宅は道を挟んだアクロポリスのフェンス内で暮らしている。
マリリンはカネロプロス博物館の野良猫チームの方にも毎日顔を出している。
しかし所属はアテネ歴史博物館周辺の野良猫チームである。自分の居場所は一応自覚しているようだ。 
にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ

ワタシはママ・ビターレ。ここから100メートル向こうに住んでる。


あがぴょんさんを迎えに来たの。ここは縄張りじゃないけどね。


この三毛猫のミュレはワタシの友だちなので一緒に来てのよ。


ミュレ、そろそろ、ワタシタチの棲家に帰って食事だよ。
 
 
アクロポリスの外のテオリアス通りのカネロプロス考古学博物館周辺チームと
その先のアテネ歴史博物館チームが存在する。どっちも行き来する猫も中に入る。
カネロプロス博物館周辺に住む猫男子のスピンは三毛猫のミュレになぜか見とれっぱなしだった。
にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
灰猫兄弟ケサラスとネロが帰って、カネリとアモーレが来た 。

サビ猫カネリの後ろのフェンスの中はアクロポリスの敷地になる。


カネリは赤猫アモーレに、ヒトとの距離は1メートル厳守という。


カネリは孤児アモーレを育てた養母だから、お言葉は絶対!

各猫たちはわたくしの顔をじっと眺めてまったりしたら、フェンスの中の自宅へ帰る。

アクロポリスの北城壁下には古代の排水溝があって、石のフタがついているところとないところがあって、水は今は流れていないが、猫が住むにはちょうど良い感じになっている、また大きな壺があって、ヒトが入れそうな感じで、横になっている。それもネコの自宅となっていたりする。ヒトが行かないところで、侵入禁止になっている。

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
薄灰猫のケサラスはサビ猫カネリの息子かあるいは弟である。

暗灰猫ネロは雌雄不詳だが、カネリの息子か弟か、娘か妹か、。


このフタリは血脈なので、ときどき一緒にまったりしている。

わたくしは灰猫男子はの名前はケサラスとネロにしている。
薄い色はケサラスで、濃い色はネロと決めている。
名前を考えるのが大変なのでそのように決めてしまった。
ケサラスはギリシャ語であるが、意味はローマ皇帝カエサルのこと。
ケサラスの呼びかけはケサラ!である。
ネロもローマ皇帝の名前で、ギリシャ語でもネロ。
しかしネロはギリシャ語で水の意味がある。
この2匹のにゃんこはおそらくカネリの弟たちで、母親はダナエである。
数年前までここに住んでいた美人な灰色のサビ猫である。
今は虹の橋を渡ったか、動物愛護団体に捕縛されて強制的に里子に出されてか、、。

このフタリの猫、ケサラスとネロはアクロポリスのフェンスの中に住んでいる。
にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 12 14
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング

人気blogランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ

Copyright(c)2004~2030 Agapyon(agapi.blog.shinobi.jp)  All Rights Reserved  

現在の訪問者

カテゴリー整理中

 

ブログ内検索

メールはここからどうぞ!

プロフィール

HN:
あがぴょんと仲間たち
性別:
女性
職業:
にゃい!
趣味:
にゃいにゃ!
自己紹介:
にゃんこの花道を歩きます。

フリーエリア

フリーエリア

バーコード

最新コメント

[09/11 あがぴょん]
[09/07 熊子]
[08/09 あがぴょん]
[08/01 MM]
[07/18 あがぴょん]
[07/15 熊子]
[07/10 あがぴょん]
[07/01 熊子]
[06/06 あがぴょん]
[06/05 熊子]
[05/21 あがぴょん]
[05/21 みるみる]
[04/26 あがぴょん]
[04/26 みるみる]
[04/14 あがぴょん]
[04/13 MM]
[03/27 あがぴょん]
[03/27 MM]
[02/18 あがぴょん]
[02/16 フムフム]
[02/02 あがぴょん]
[02/02 MM]
[01/05 あがぴょん]
[01/04 めんまねえちゃん]
[01/02 あがぴょん]
| HOME Next >>
Copyright ©  -- ギリシャの猫☆The Greek Cats☆Οι Ελληνόγατες  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]