忍者ブログ

ギリシャの猫☆The Greek Cats☆Οι Ελληνόγατες

ギリシャのエーゲ海や遺跡に住む猫たちの猫魔術の時間     

2018/08    07«2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
猫給食が終了してほぼ猫はそれぞれの棲家に帰った。


そしてこの白灰猫はその帰る猫たちの様子をじっと見つめていた。


坂道縁石に黒白猫シンディもいて同じくける猫たちを見ていた。


シンディの後について行きアナフィオティカの小教会へ消えた。
   
 
雨が降るので、小教会の屋根のある庭は便利。そこにテーブルと椅子がいくつかあって、
テーブルの下の椅子の上にじっと座っているそうだ。中にいた旅行者がそういっていた。 
雨が降りそうなのでわたくしはチェックにはいかなかった。 
にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
PR
シンディというのは動物愛護団体の人につけてもらった名前だよ。


なんか天気が悪くなってきたわさ。雨が降るのかもしれないね。

ほんじゃさ、あがぴょん、ワタシにも棲み処があるから、行く。


棲み処は白塀の向こうの小教会の屋根の下で、今は一人暮らし。
   
 
 
名付け親のイギリス人女性が言うには、シンディはシンディー・ローパーから取った名前で、口元のキュッとした感じがよく似ているのだそうだ。 
にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
ワタシはシンディという猫ジョで、口元のほくろ二つが特徴。

ワタシタチは食事が終わったから、そろそろアジトに帰るところ。


雨が降りそうだから、各部屋に早く戻ったほうがいいわ。


猫給食に参加した猫の半分はアクロポリス斜面の遺跡に住んでるの。


草むらにいる猫たちは飼主の家に帰らないと、飼主に怒られるみたい。


この白灰猫さんは最近現れたんだけど、結構清潔で、飼猫かな?
 
 

この道はあまり知られていないアナフィオティカへ上がる道。
北にアクロポリス斜面、南にテオリアス通りがあって、アテネ歴史博物館(旧アテネ大学)がある。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
アナフィオティカのサビコちゃんにバイバイして

さらに奥へ行くとエーゲ海風な白い階段道に出た。


うしろから猫スパイとなったサビコちゃんがついて来た。


脳漿炸裂バーサンは足元注意!と注意を受けた。


あがぴょんはバーサンなんだから無理しちゃダメ!という。


階段も部分によって足一つの幅しかないところもある。


アナフィオティカの北側にリカヴィトスの丘が見えた。
  

 
にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
アナフィオティカはアクロポリスに岩肌にある住民地区なのよ。


エーゲ海のアナフィ島から移り住んだ人たちが作っからそう呼ぶの。


小さな家がいっぱいあってさ、住んでいるのはヒトとネコ。

デンマーク人のカップルが歩いているわよ、ついて行こうかな?
  
アナフィ島からやって来た人々が作ったのがアナフィオティカである。
アクリポリスの岩肌に立っているので、今なら不法建築であるが、
近代憲法ができてから、不法建築と言われても、後の祭りだ。
今は観光地となっていて、保存地区状態になっている。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
アナフィオティカ ΑναφιώτικαAnafiotika


アナフィオティカの聖ゲオルギオス教会があります。
今度の日曜日はギリシャ正教徒の復活祭、パスハ(イースター)です。
聖木曜日(4月21日)は最後の晩餐。
聖金曜日(4月22日)はキリストの受難の日で、エピタフィオの日です。
エピタフィオとはキリストの棺のことを言います。
聖土曜日(4月23日)は深夜にキリストの死を悲しむ人たちのセレモニーがあります。
復活の日(4月24日)の午前零時にキリストの復活があります。
そして人々は、キリストは復活しました。確かに復活しました、
と挨拶を交わします。まるでまるで復活の証人者たちのようですが、、。

ギリシャではクリスマスよりもこのキリストの復活のほうが大切な儀式です。



聖ゲオルギオス教会にもそろそろ近隣住民が集まる頃だな。


この数日間は聖歌と祈りが教会でいっぱいになるんだ。


まぁ、ボクもビザンチン音楽の聖歌を歌ってあげよう。


にゃお~ん、にゃわーん、ガラガラガラ、猫うがいな感じがする。


まぁ、ボクには退屈なので、ストラトノス通りに移動するつもり。


 

このブログにお越しになった方へ
お手間をかけて申し訳ありませんが
投票よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

投票いただき、まことにありがとうございました。 
 
アナフィオティカ ΑναφιώτικαAnafiotika


アナフィティカは小さな区域です。
道が細くて人がやっとこ通過できる道が張り巡らされています。

ボクはあがぴょんさんについていってみよう。


ここに住む猫たちは屋根の上で昼寝中のよう。


日本人のあがぴょんさんがうろうろしてると目立つよ。


そっちの細い道は行くと行水している人がいたりするよ。


ひさびさのアナフィオティカ。猫たちの移り変わりに驚いた?


な~んか、人生って長いようで短いものだと思うよ。


 

このブログにお越しになった方へ
お手間をかけて申し訳ありませんが
投票よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

投票いただき、まことにありがとうございました。 
 
アナフィオティカ ΑναφιώτικαAnafiotika


アナフィオティカはアナフィ島からやってきた人たちが定住しています。
アクロポリスの岩肌に忽然と小さなエーゲ海風の町があります
なんでもギリシャ国王の命によって、宮殿やら議事堂やら、建設技術者としてやってきたようです。
のちに「住むところを!」と要望されてこの地に住んだという新聞の小記事で見ました。
詳しいことはわたくしには分かりませんが、、。

キジ白猫パリスはこの地区出身の猫ですが、ストラトノス通りの廃屋にもいます。
ちょっと前まで彼にはオイノネという三毛猫の連れというか、
押しかけ女房みたいな猫と一緒にいました。
オイノネの姿は見なくなりましたが、そオイノネそっくりの猫娘がいます。

遠くに見えるのはリカヴィトスの丘だよ。すごい景色でしょ!


ボクの名前は絶世の美女トロイのヘレンを奪った人間のパリスと同じ。


パリスもね、その物語の中では、人間で最も美しい男だったんだよ。


パリスにはオイノネという妻がいたんだよね。このミケは小オイノネ。


この辺りの年寄りの猫たちはどこにいったのか、わからんにゃ~。

 

このブログにお越しになった方へ
お手間をかけて申し訳ありませんが
投票よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

投票いただき、まことにありがとうございました。 
 

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログランキング


人気ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ   にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
Copyright(c)2004~2030 Agapyon(agapi.blog.shinobi.jp)  All Rights Reserved  

現在の訪問者

カテゴリー整理中

 

ブログ内検索

メールはここからどうぞ!

プロフィール

HN:
あがぴょんと仲間たち
性別:
女性
職業:
にゃい!
趣味:
にゃいにゃ!
自己紹介:
にゃんこの花道を歩きます。

フリーエリア

 

フリーエリア

バーコード

最新コメント

[08/11 あがぴょん]
[07/23 熊子]
[07/14 あがぴょん]
[07/10 MM]
[07/07 あがぴょん]
[06/24 熊子]
[06/01 あがぴょん]
[05/24 あがぴょん]
[05/23 熊子]
[05/07 あがぴょん]
[04/28 熊子]
[04/28 熊子]
[03/30 あがぴょん]
[03/29 MM]
[03/03 あがぴょん]
[03/01 熊子]
[02/20 あがぴょん]
[02/20 あがぴょん]
[02/19 熊子]
[02/18 MM]
[02/14 あがぴょん]
[02/12 みるみる]
[02/12 あがぴょん]
[02/09 MM]
[02/07 あがぴょん]
| HOME Next >>
Copyright ©  -- ギリシャの猫☆The Greek Cats☆Οι Ελληνόγατες  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]